​プリンスエドワード島 基本情報

時差について


日本とは12時間(冬時間採用時[11月第一日曜~3月第二土曜]は13時間となります。) ハリファックス/モンクトン  PEI時間と同じ トロント/モントリオール/ニューヨーク  PEI時間より1時間遅れ カルガリー/バンフ  PEI時間より3時間遅れ バンクーバー/シアトル  PEI時間より4時間遅れ




消費税について


2016年10月1日より 統合消費税(HST)が15%となりました。 食料品も品物によっては生活必需品とみなされ消費税がかからないものもあります。 ホテルやB&Bなどの宿泊代、レストランでのお食事代には、消費税15%が加算されます。 2013年4月1日よりシャーロットタウンの宿泊施設では、消費税に加えて、宿泊料金に3%の宿泊税が加算されます。




通貨と両替について


カナダドル米ドル(トラベラーズチェックは利用できません。銀行でも現金に換金できません。)が通用しますが、米ドルはお店によって換算率が異なり、お釣りはカナダドルで返ってきます。2019年3月15日現在の換算率は、US$1.00=CAN$1.30 ~ 1.35が一般的です。 PEIでは日本円は使えません。両替は銀行でのみ、ただその銀行の口座を持っていないと不可能ですので、日本からいらっしゃる方は、ほぼ両替は不可能です。絶対に日本でカナダドルに両替されてくることをお勧めします! 2013年2月4日より、1セント硬貨(ペニー)が廃止されました。現金で支払いの際は、1セントの単位は一番近い5セント単位に切り上げ、切り下げとなります。   例)1ドル1~2セントの場合は1ドルに切り下げ。1ドル3~4セントの場合は1ドル5セントに切り上げ。   例)1ドル6~7セントの場合は1ドル5セントに切り下げ。1ドル8~9セントの場合は1ドル10セントに切り上げ。 クレジットカードはVISAかマスターカードであればほぼどこでも使用可能です。アメリカン・エキスプレスやJCBカードは使えるところがかなり限定されます。尚、クレジットカードを使用する時はPIN番号(暗証番号)が必要になりますので、事前に必ず確認しておいて下さい。




電話&Wi-fiについて


市内通話(902の市外局番+3桁+4桁の電話番号)は、ホテルなどでは無料でかけられるいうところが多いですのでチェックインの際にご確認下さい。日本からお持ちの携帯電話をお使いになるよりも、便利ですね!弊社オフィスへはシャーロットタウン、キャベンディッシュからは市内通話扱いとなります。

長距離電話はホテルの電話を利用する際には、クレジットカードを利用するか、コーリングカードを利用するのが一番リーズナブルです。カナダのコーリングカードは、カードの裏の電話番号(フリーダイヤル)に電話をかけ、音声のガイダンス(カード会社によっては日本語も選べます)に従ってカードの暗証番号、相手先の電話番号をダイヤルするという方法です。コーリングカードは郵便局やNeedsというコンビニエンスストアなどで売っています。

フリーダイヤル(1-800- など)は、そのままダイヤルします。

KDDIのジャパンダイレクトは1-800-663-4816で。日本語の音声に従っておかけください。

KDDIの日本語オペレーターは1-800-663-0681でどうぞ。

Wi-fiは観光案内所、町中のレストランやカフェ、ほとんどのホテルやB&Bなどで無料で利用できます。パスワードが必要なところも多いので、各所のスタッフにご確認下さい。コンフェデレーションセンターはパスワード無しで無料Wi-fi 利用可能です。




郵便について


日本・世界各国共通  $2.65+ HST 15% = $3.05      アメリカ  $1.27 + HST 15% = $1.46 カナダ国内  $1.05 + HST 15% = $1.21 2019年3月現在の料金です。 ハガキも封書(30gまで)も同じ金額です。日本までは約一週間から10日かかります。 切手は郵便局で購入するか、弊社オフィスでもご用意しております。




電圧について


110ボルトで、差し込みプラグの形状は日本と同じです。差込口は3本足に見えますが、下の一本は無視して問題ありません。




交通について


地下鉄や電車などはありませんが、シャーロットタウン市内には路線バスはあります。ただ本数、停車場所が限られておりますので要注意。料金は一回大人$2.00で直接ドライバーに払います。路線地図については弊社スタッフにお問い合わせください。

またプリンスエドワード島は意外と大きいので、自転車や徒歩で見どころを巡ることはかなり難しいです。ツアーバスやタクシー、レンタカーなどの車を最大限活用しましょう。

タクシーはホテルやレストランなどで呼んでもらうか、直接タクシー会社につながるタクシー電話が公共の場にはあります。道端でタクシーをつかまえることはできません。タクシーには料金メーターがついていませんが、距離や乗車人数に応じて値段が決まっていますので、乗る前に運転手に目的地を告げて料金を確認しましょう。

レンタカーを借りる方は、最近PEIでも日本人の交通事故が増えていますので、運転には充分ご注意ください。右側通行、スクールバス(黄色の点滅、赤のランプを出しているバスは追い越し禁止、対向車も停車)、一時停止(標識を見逃す方が多いようです)、一方通行(ダウンタウンの中はほとんどが一方通行です)、左折禁止など、日本と違う交通ルールもありますので注意が必要です。また制限速度80kmの表示のある道路はPEIではハイウェイに指定されていますので、路肩に車を止めて写真を撮るというのは禁じられています。特に6月の下旬から9月は、プリンスエドワード島の観光のピークシーズンに当たりますので、交通量がかなり増えます。事故も多くなる季節ですので、海外での運転に慣れていない方にはあまりレンタカーはお勧めしたくないところです。 尚、2010年度より、運転中の携帯電話、携帯メールの使用は法律で禁止となりました。ご注意ください。




ショップやレストランの営業時間について


一般商店は朝9時または10時から夕方5時、6時まで営業しています。お店によっては木曜と金曜は夜8時まで開けています。7月~8月は長い日照時間を利用して、さらに営業時間をのばすお店も多くなります。

郊外のガソリンスタンド以外、コンビニなどでも24時間営業のお店はほとんどありません。深夜にご到着される方は、ダウンタウンでは開いているところがないので、食料を調達するのは大変難しいです。途中の乗り継ぎ空港で召し上がってくるか、何か買ってくるなどしておくとよいでしょう。

レストランはラストオーダーが9時頃というところが多いのでご注意。夜中遅くまで開いているレストランは中華とレバノン料理くらいです。特にミュージカルをご覧になる方は、ミュージカルの前にお食事をしておかないと、終了後だと開いているところが殆ど無いのでお気をつけ下さい。

2011年度より、通年、日曜(祝日は除く)でも午後から一般商店やスーパーマーケット、リカーストアを営業してもよいという条例が施行されました。




チップについて


海外に来て戸惑うのがチップの習慣。あまり細かく考えずに、レストランでは10~15%程度、アルコールを頼んだり、特別に親切なサービスを受けたら20%くらいをお勘定と一緒にウェイターまたはウェイトレスに渡しましょう。プリンスエドワード島ではレストランでのお食事にも15%のHSTが加算されるので、この消費税金額がチップの目安にぴったりです(10セント以下の端数は切り上げてくださいね)。ちょうどよい金額がなかったら、お釣りを貰ってあらためて相当のチップをテーブルに残しておけばかまいません。その際、あまり小さいコイン(10セント以下)をたくさん置いていくのはマナーが良くないとされます。 チップはクレジットカードでも支払えます。クレジットカードでの支払いを選んだ場合、ポータブルのマシーンをテーブルまで持ってきてくれますので、ICチップが入ったカードは、カードを差し込むと金額がOKか、次にチップの金額を%または$で選択、最後に暗証番号を入れると、チップまでまとめてカードで支払うことになります。ICチップがないカードの場合は、レシートにチップの金額を書き込んで、合計金額を記入、サインしていただければ結構です。 PEIのタクシーはチップはあまり気にしなくて大丈夫。言われた値段の端数を切り上げる程度でかまいません。ただスーツケースを運んでもらった場合は、一つにつき1ドル程度多めに渡してください。 ホテルでポーターに荷物を運んでもらう場合は、一つにつき1ドルから2ドルを目安に。ただし、パッケージツアーなどで添乗員や現地ガイドがついている場合は、ツアー料金に含まれていることもありますのでご確認ください。 ホテルでのピローチップはベッド一つにつき1ドル程度を、ベッドのそばのテーブルに置きましょう。ただし、カナダ人はピローチップを置かないという人も多いですが、やはり少しでも置けば喜ばれると思います。パッケージツアーの場合は料金にすでに含まれていることもありますので、係員にご確認ください。




必需品について


カメラのメモリー電池は多めにお持ちください。お天気が良いと、思った以上に写真をとる回数が増えます。PEIでは値段が高いのと、特にメモリーや電池などは買えるところが限られています。 虫除けスプレーかゆみ止めは6月から8月にかけては必携です。特に林の中や草むら、小川のあるところには強力な蚊がたくさん。恋人の小径やお化けの森などをロマンチックにお散歩するには必需品です! サングラス日焼け止めは、6月から9月にかけては特に、お持ちいただくと便利です。特に海岸では日差しはとても強く、すぐそばかすやしみの原因となります......




喫煙について


プリンスエドワード島州では、公共の場での禁煙が法律化されています。レストランやバーはもちろん、ホテルのロビー、ショッピングモール等の公共の場で喫煙することはできません。ホテルやB&Bなどのお部屋でも喫煙できるところは限られています。事前に係員に喫煙できるところをご確認ください。




飲酒について


カナダでは公共の場(公園や道端、ビーチなども含みます)でお酒を飲むことは禁じられています。必ずレストランやバー、ホテルのご自身のお部屋などで飲むようにしましょう。お酒はスーパーやコンビニなどでは売っておらず、リカーストア、またビール工場(例外としてスーパーストアにサテライトショップがオープンしました)やワイナリーなどでお買い求めいただけますが、営業時間が限られておりますのでご注意下さい。 尚、プリンスエドワード島州で飲酒ができる年齢は19歳以上ですが、日本人は若く見られることが多いですので、お酒を購入したり、レストランでお酒を頼んだりするときは身分証明書(パスポート)が必要になる場合もあります。未成年にお酒を売ると罰則が大変厳しいため、いくら19歳を超えていると言っても身分証明書がないと認められない場合もありますので、若く見られそうな方はパスポートをお持ち下さい!




気候について


地球温暖化の影響か、プリンスエドワード島の気候もその年によっても若干異なりますが、観光に一番適しており、各アトラクションが開いている時期は5月下旬から10月中旬です。日本の梅雨のような雨期はありませんが、乾期でもないので雨が降る日もありますので、雨具も用意したほうがよいでしょう。 例年、雪解けが終わり新緑になるのが5月中旬頃です。 5月中旬から6月はワイルドフラワーが咲き始める時期で、日中は20度前後まであがる、日本の春の気候です。 7~8月中旬はこちらの夏にあたりますが、最高気温でも30度以下、夜は15度前後まで下がることもあり、大変過ごしやすい気候です。 8月中旬~9月は、秋の訪れを感じる時期で、夜は10度前後まで冷え込むこともあります。 9月下旬から10月は、紅葉の時期に当たりますので、夜は5度前後まで冷え込みますが、日中は天気が良ければ15~20度前後まであがります。 11月からは雪がちらつくこともあり、12月~3月は本格的な冬になります。1月は一番寒い時期で平均気温が氷点下5~10度、体感気温で-25~40度になることもあります。 2~3月は雪が多く、年によっては流氷がやってきます。 4月は雪解けの時期で、プリンスエドワード島が一番美しくない、観光にはあまりお勧めできない時期です。。。




服装について


5月~6月、9月は、昼間は長袖のシャツなどで大丈夫ですが、春秋用のジャケットに、重ね着できるような薄手のセーターやベストなど。 7~8月は、日中は半袖で大丈夫ですが、朝夕は涼しいですので、薄手のジャケットを。 10月は、冬用のジャケットに、重ね着できるような薄手のセーターやベストなど。 11~4月は、防寒用のジャケットに、厚手のセーターや、帽子、手袋、マフラーなども。携帯用カイロなども便利です。 その年によっても個人差によっても若干異なりますし、天候が崩れたりすると思いのほか寒く感じることもあるので、上記を参考にご用意いただくのが良いでしょう。




日照時間について


5月下旬で、日の出が5:30頃、日没が8:45頃。 一年で一番日照時間の長い夏至(6月21日頃)で、日の出が5:20、日没が9:08。 7月中旬で、日の出が5:35頃、日没が9:00頃。 8月中旬で、日の出が9:10頃、日没が8:20頃。 9月中旬で、日の出が6:50頃、日没が7:25頃。 10月中旬で、日の出が7:30頃、日没が6:30頃。 ちなみに一年で一番日照時間の短い冬至で、日の出が7:52、日没が4:28。 正確な時間は こちら(英語のサイトとなります)で確認することができます。




祝日について


2020年度のプリンスエドワード島州の祝日は以下の通りです。 1月1日 New Year's Day(元日) ほとんどの商店、レストランが休業します。 2月17日 Islander Day(島民の日) ほとんどの商店、レストランが休業します。 4月10日 Good Friday(聖金曜日) ほとんどの商店、レストランが休業します。 4月13日 Easter Monday(復活祭) ほとんどの商店、レストランが休業します。 5月18日 Victoria Day(ビクトリアデー) たいていの商店、レストランは開いています。 7月1日 Canada Day(建国記念日) たいていの商店、レストランは開いています。 9月7日 Labour Day(労働記念日) たいていの商店、レストランは開いています。 10月12日 Thanksgiving Day(感謝祭) 多くの商店、レストランが休業します。 11月11日 Remembrance Day(戦没者記念日) 多くの商店、レストランが休業します。 12月25日 Christmas Day(クリスマス) ほとんどの商店、レストランが休業します。 12月26日 Boxing Day(ボクシングデー) ほとんどの商店、レストランが休業します。




治安について


プリンスエドワード島内では治安の悪い場所というのは、それほど多くはありません。 ただPassmore Streetの一角、また昔の駅があった辺り(Weymouth StreetとKing Streetの交差点のあたりの一角)が、夜の女性の一人歩きは避けた方が良いというようなことを聞きます。いずれにせよ、一般的な注意(貴重品の持ち歩きに気をつける、週末に夜中の飲み屋の周辺や人通りの少ない通りの夜の女性の一人歩きは避けるなど)は必要です。





ツアー催行状況表   

18 Queen Street c/o Delta Prince Edward Hotel

P.O.Box 264 

Charlottetown, PEI C1A7K4  Canada

  

  Tel: 1-902-963-4000   

  Fax: 1-902-892-6446

 

 

 

© 2019 by PEI Select Tours Inc.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
  • ホワイトトリップアドバイザーアイコン
  • Instagram
  • YouTube カナダ現地ガイドの井戸端会議